2022/9/22

地域密着!郵便局が地域のために定期公園清掃

一之江フレンド公園(江戸川区)

みんなの公園愛護会では、地域住民はもちろん、学校や企業など、さまざまな担い手の存在にも注目しています。先日、だれでもお掃除セットの取り組みをご紹介した江戸川区で、地元の郵便局が地域の公園ボランティアを行っているというお話をお聞きし、活動にお伺いしました。

近隣の郵便局長が集まり、清掃活動!

(目一杯駆け回れる広さの公園です)

お伺いしたのは江戸川区にある一之江フレンド公園(いちのえふれんどこうえん)。都営地下鉄一之江駅からほど近くにあり、広場を中心に様々な年齢の子どもが楽しめる遊具も設置されていて、遊ぶにも休憩にも利便性の良さそうな公園です。

こちらの公園で、毎月第二土曜朝に清掃活動を行っているのが、郵便局長会江戸川東部会の皆さん。江戸川東部会代表 江戸川東瑞江二郵便局長 近藤謙一さんをはじめ、メンバーの皆さんにお話をお聞きしました。

(江戸川東瑞江二郵便局長 近藤謙一さん。近隣のポストを磨くことも大切な活動のひとつ)

郵便局長会では、全国の郵便局長が地域の人々に貢献できる活動を行っています。

地域の人々の日常に寄り添った地域密着型の郵便局として、これまで福祉活動や地域貢献活動を各地で行ってきています。季節イベント開催から清掃活動まで、その活動は本当に様々。近藤さんは部会の取り組みについて「メリット自体は考えてやってないですね。地域にとって何かできていればいいなぁとやってます。」と話してくださいました。

江戸川東部会はエリアの郵便局長9名で活動中。

郵便局がここまで地域のために様々な活動しているというのがまず驚きだったのですが、郵便局長のみなさんがそれぞれ活躍できる好きな分野で取り組んでいる様子が伺えて、なんとも楽しそうです!

郵便局長会の取り組み詳細はこちらから

公園清掃のきっかけは、「東京都で地域貢献できる施策はないか?」と考えていたところ、新宿駅周辺の清掃活動を実施している郵便局長がいたこともあり、それならば東京都全体で活動しましょうというのが始まり。江戸川区の部会は区へ清掃ボランティア活動の問い合わせをしたところ、区管轄公園を紹介してもらったため、公園で活動することになったといいます。江戸川東部会は一之江フレンド公園を。江戸川東部会以外にも4つの部会が、平井公園や宇喜田中央公園、東部フレンド公園、小岩公園にてそれぞれ活動中です。

毎月コツコツ続けることに意味がある「ゴミ拾い」

皆さんお揃いのビブスとバンダナを身につけ、いざ活動スタート。公園周りの植栽に隠れているゴミを回収していきます。

(ビブスは自費制作、バンダナは江戸川区からの支給だとか!)

もりもりと生い茂っている植栽からは空き缶やペットボトルが出てきました。休憩場所としてかなり利用されている公園であることが感じられます。子ども達の利用も多い公園ということで、茂みに隠れたゴミで子ども達が怪我することがないように気を配っているんだそう。

(隠れているゴミも見逃しません!)
(隙間からゴミを探していきます)

楽しみは何ですか?とお伺いすると、「毎月やっているとポイ捨てされているゴミが少なくなっていると感じて嬉しいですよ。花壇のお世話も最初は面倒くさいと思っていたけど、情が湧いてきますね、毎月やっていくことが大切なのかな。」と答えてくださいました。

毎月の活動を通じて、局長さん達個々人が公園に愛着を持ち始めているようです。

(長細い公園を隅々チェック!)

公園にある花壇は江戸川区が作ってくれたもので、郵便局長会江戸川東部会で日々の水やりや手入れを行っています。清掃活動を通じて江戸川区とはよく連絡をとっていて、とても協力的で助かっているとのこと。地域密着型の郵便局としては行政とタッグを組めるのは嬉しいことなんですとも話してくださいました。

(ちょうど開花していました!可愛らしいですね。)

活動とだれでもお掃除セットのすてきな循環

この活動が始まったのは昨年から。コロナ禍で人と会う機会がめっきり減った中、屋外で会う機会をつくるというのが1つの目的だったそう。郵便局としては活動中に地域の方々に声をかけてもらったり、郵便局もこんな活動をしているんだ!と知ってもらえるのが1番のやりがいだそうです。

時には公園で遊んでいる子ども達が寄ってきて声をかけてくることもあり、一緒に水やりを行う時もあるんだとか。「いない時もやってね!」と声を掛けると、「はーい」と返事をしてくれた、という何とも微笑ましい会話を教えてくださいました。

一之江フレンド公園にもだれでもお掃除セットがあるので、いつでも誰でも行えるようになっているのが活動と繋がるようになっていて素敵ですね。

(一之江フレンド公園のだれでもお掃除セット。この日も遊びに来ていた子がジョウロを使っていました。)

一之江フレンド公園は、夏には盆踊りが行われたり、避難場所となっていたり、地域と密接な公園。地域の方々と日々接点の多い郵便局が定期的な維持管理を行うことの相性の良さを今回感じました。まだまだ始まったばかりの活動。これからは局長達だけでなく地域の方々も一緒にやっていく可能性もあり今後が楽しみですね。

(公園には可愛らしい防災井戸が。)
(公園から1番近い江戸川一之江郵便局。こちらの局長さんもメンバーです。)

【基本情報】

団体名郵便局長会江戸川東部会
公園名一之江フレンド公園 (東京都江戸川区)
面積2,713 m2
基本的な活動日第2土曜朝
いつもの活動参加人数9人
会の会員数9人
活動内容ゴミ拾い、落ち葉かき、花壇の管理、植物の水やり
設立時期2021年9月
参加者イメージ職員

(取材・執筆:高村南美)

みんなの公園愛護活動レポートに戻る